感想を書こう

読んだ小説の感想やレビューをどんどん書いていきます

無念だ……

せっかく意気込んで始めたばかりなのに、都合で時間が取れなくなってしまいました……。

 

小説をやめるかこちらをやめるかしか時間が捻り出せそうもないので、小説をやめるわけにはいきませんから、泣く泣くこちらを中断するしかありません。

 

ブログは消さずに残しておきます。いつか私情が落ち着いて時間ができたときに、きっと再開します。よろしくお願いします。

作品として根本的に失敗してないか?[異世界ヒロインとの修羅場な彼女(作者:白石マサル)]

ncode.syosetu.com

評価:6/10点

 

いきなりのショッキングな寸評で、申し訳ないのですが。

 

今回、惜しいと思ったので、あえて厳しいことを書かせて頂きます。

 

まず、簡単な作品紹介からしていきましょう。

 

主人公の正樹は、今は普通の高校生をしているのですが、実は「万物の確率を操ることができるチート能力」があります。それが元で、かつては研究所に囚われていたという過去がありました。

 

そこに、同じく研究所の出身者であるメインヒロインの鞘華が現れて、正樹を狙っている敵がいるから、何とかしようという話になりますが……。そこに敵が現れて、対処が間に合わず、異世界に飛ばされて……。という流れです。

 

その異世界というのが、正樹がやっていたハーレムファンタジーもののゲームが元ということで、ゲームクリアを目指して、チートを駆使しつつ、ハーレムを構築していくのがメインストーリーでしょうか。

 

冒頭の学生生活が普通過ぎて、研究所の設定が唐突に感じられたり、もう少し上手い導入はないのかとは思いますが、そこはメインでやりたい部分ではないしょうから、まあ良いでしょう。

 

まあ、ラスボスっぽい敵キャラが、主人公とヒロイン二人をあえて殺さずに転移で一緒に飛ばしてしまったのは、はっきり詰めが甘いというべきでしょうか。この辺りも、やはりもう少し上手く冒頭の誘導ができれば良かったかなと思います。

 

さて、メインヒロインである鞘華ですが、昔から主人公に一途なところ、健気なところ、チョロいところも含めて、非常にかわいいです。この子にはキャラとして魅力があると思います。イラストも(覗いているおっぱいがエロい)ところも含めてかわいいので、一見の価値ありですね!

 

かわいいは正義ポイントによって、この時点で自動的に評価に1点加算されるでしょう(笑)なので本来は5点としたところですが、かわいいので6点です。

 

ただ……。ここからが問題です。 

 

メインヒロインである修羅場なところを楽しませたい、という意欲がタイトルからひしひしと伝わってくる。くるのですが……!

 

メインヒロイン一強過ぎるのです。あまりにも。

 

なんてったって、のっけから主人公と相思相愛。ですよ!

 

正樹は鞘華がそうだと話をするまで知らなかったとは言え、お互い初恋の相手で。昔から意識してて、最初の方で付き合い始めて。そこからずっとラブラブですよ。

 

恋愛ものとしては、ほとんど話が終わっているんです。既に。

 

そこにハーレム設定は、ぶっちゃけ無理に取って付けたようにしか見えん! 

 

ハーレムものの魅力は、個々のヒロインがそれぞれの長所と個性と魅力を備えていて、かつ主人公が色魔だったりお騒がせだったりと、誰を選んでもおいしいような状況で、初めて魅力的なものとして成立します。

 

常に魅力的な対抗馬がいなければならないのです。誰か一人だけを選んではならないのです。

 

しかし、作者さんの描き方からもわかってしまいます。鞘華への力の入れようと、他のヒロインの描き方のどこかおざなり感。内容的にも、正樹と鞘華でひたすら矢印が互いを向いている状態。果てには、サブヒロインと停戦協定まで結んでしまう始末。これでは、修羅場になりようもないではありませんか。

 

つまり極論すると、他のハーレム要員が要らないキャラなんです。

 

飾りみたいなもんです。ストーリーに必要な普通のキャラでいい。ハーレム要員である必要がまったくないのです。むしろ発情してひっついては、話のテンポを悪くするだけ、邪魔でしかない。

 

ハーレムファンタジーが舞台になっているから、ハーレム作らないとクリアできないから。せっかくのキャラを生かすより、設定先行の作品になっていませんか?

 

だから、正樹に「クリアに必要だからハーレム要員増やすけど、お前(鞘華)が一番でいさせてくれ」なんて苦しいことを言わせてしまうんです。整合性を取るため、設定が言わせてしまっているんです。

 

相思相愛の主人公。圧倒的一強のヒロイン。キャラの性格付けが、あまりにハーレムと合わない。確率を弄るチートも、ハーレムとは何の関係もない。舞台設定が調和せず、むしろ喧嘩してしまっています。

 

そこまでして無理にハーレムにする必要があるのか? 正直、メイン二人のいちゃいちゃを描きつつ、確率を弄るチートで活躍させるだけで十分作品が成り立ってしまうと思います。むしろそっちの方が読みたいレベルです。

 

容赦なく言ってしまえば、メインヒロインの魅力だけでもっている作品です。キャラ作りはいい。だけど、彼女たちに合う舞台を用意してあげて欲しい。そんなことを切に思った作品でした。

借金と修行漬けの異世界冒険生活!(笑)[俺と女神カナリア。楽しき、おかしな異世界生活。 ~ゆっくり堅実な冒険者ライフ~(作者:くろい)]

ncode.syosetu.com


評価:7/10点 

 

いやあ。中々の更新速度、そしてボリュームでしたね。最新話まで読み切るのが大変でした。って、160万字書いてる作者が言うことじゃないんですけど(笑)

 

早速紹介していきましょう。冒頭は、主人公のタケトが特典をもらって転生。特典として選んだのは、女神カナリア。という、某祝福をどことなく匂わせる立ち上がりなのですが……。

 

某クズマさんの駄女神と違って、こっちの女神カナリアは素直でとても良い子です。

 

片言で舌足らずなところがかわいい。まあかわいいです。

 

何度でも言おう。

 


かわいいは許される。かわいいは正義なのだ(真理)

 

というわけで、既にあり触れ過ぎていて埋没しまくりなこの(チートor微チート)特典付き異世界転生ジャンルですが、彼女がいたおかげで、辛うじて読む気は持続しましたね。

 

それでも客観的に見て、最初の十話くらいは掴みが非常に弱いと感じました。このジャンルはありきたりにも程があるので、よほど文章が上手いとか、変種ボールを投げるとか、何かしらの工夫や個性がなければ、中々見向きをされなくても仕方がないと思います。代わりはいくらでもあるわけですからね。

 

ただ、途中から「おっ」と思った展開が来まして。突進ウサギという初心者には危険なモンスターの群れがいるんですが、タケトはそいつらにボコボコにされて、修行をしようという流れになります。しかも、助けるために貴重なポーションを使ったから莫大な借金だと(笑)

 

そして始まる、ドラゴンボールもさぞやの修行漬け。修行に使う道具や装備も高価で、借金に上乗せされて、地味にどんどん増えていく(笑)タケトもカナリアも、最初は根を上げていたのに、いつの間にか感化されて、修行が当たり前になっていく日常w

 

途中、新たに仲間に加わったキャラにまで息をするように修行を付け出して、みんなで修行ジャンキーになっていくのが妙にツボりましたwww この辺、好きな人は好きそうなので、いいなと思う方、ぜひ冒頭でめげずに読んでもらいたいところです。

 

文章が特別素晴らしいというわけでも、唸るほど面白いというわけでもない、よくあるタイプの作品ですが、安心して読めるということでもあります。ツボってにやにやしてしまったので、7点を付けさせて頂きます。

 

修行について言及したことや、タイトルからもわかるかもしれませんが、全体的に展開はゆっくりしていて、微チートはあれど、一歩ずつ着実に話が進んでいきます。主人公勢のキャラに性格の良い人が多く、さほど胸の痛い思いをせずに読めるのも特徴です。これを退屈と見るか、丁寧な持ち味と見るかは人によって分かれるでしょう。私には好みでした。

 

しかし、不安要素もあります。6/16現在の最新50話のチート化? の流れは、タケトの精神状態が黒い方向に不安定になっているのもあって、怪しさを感じてしまいます。せっかくここまで大切に丁寧に続けてきた展開を、ぶち壊してしまうことにはならないか。紡いできた作品の持ち味、良さを手放してしまうのなら、後に残るのは劣化版チート物語でしかなくなってしまう恐れもあります。

 

そうなってしまわないように、上手く味付けをしてもらいたいところですね。今後の舵取りに期待しておきます。

 

文学を面白さで評価するのは難しい……[雪紅 ―――或る少年の一日―――(作者:九藤 朋)]

ncode.syosetu.com

 

評価:6/10点(素晴らしさ:8/10点)

 

とある少年の平凡な一日を見事な筆致で描いたものです。ジャンルの通り、文学的表現が多用されておりまして、「それは少年にシャーベットを食べるに似た快感をもたらした」など、味わい深い表現もあって良かったと思います。


全体的にレトロな雰囲気に満ちており、どことなく望郷的な懐かしさを感じさせます。

 

ただ、面白いか面白くないかで言うと……評価が難しいですね。

 

内容的には、どこに向かうわけでもなく、本当にただ少年の一日をなぞっただけなのです。ドラマチックなことは何もない。ほんのちょっとしたことと、それに対するちょっとした心の動きをしみじみと楽しむような作品です。

 

最後にとある少女を好いているような描写はあるにせよ、特に何をするわけでもなく。我々は彼の一日をやや離れたところから眺めて、この物語を読んでいるほんの数分だけ交差して、互いに過ぎ去っていくだけなのです。一期一会のような趣がありますね。

 

面白さというより、素晴らしさや素敵さという尺度で評価すべきものなのかもしれません。そちらの尺度で計るなら、素晴らしいし素敵な作品だと思います。短くてささっと読めますので、文学的な味わい深い作品が好きな方にはぜひおすすめしておきます。 

くせえ! こいつは厨二ラノベの臭いがぷんぷんするぜ![一騎当千の災害殺し《ミューティレーター》(作者:紅十字)]

ncode.syosetu.com

評価:7/10点
 
率直な感想からいきましょう。
 
最初の数話を読んだとき、正直言うとがっかりしていました。
 
ああ、またいつもの下らないテンプレを掴んでしまったのかと。
 
難癖付けて絡んでくるかませ(面接官の教師)に、無駄に口が悪くてやれやれな主人公(当然のように強い)が、妙にカッコ付けてボコボコにする。
 
この何のオリジナリティもないお約束の流れ、親の顔より見たってほどじゃないですが、食傷気味にもほどがあり。何とも閉口ものでして。
 
なのでこの時点で期待値はほぼ最低、無難に4点か5点でも付けておこうかと思っていたのですが……。
 
実際、この後も強さがバレたらまずいんだという、これまたありきたりな流れで引っ張り、どうしたもんかなって感じだったのですが。
 
読むのすら苦しい最初の数話を超えた辺りから、作者の構想の大きさ、任務のやばさなどの気になる設定がちらほらと出てきました。おや、テンプレじゃないのか? と思ったのは私だけじゃないかもしれませんね。
 
そして、【切り離された残片世界(レムナント)】というダンジョンマップに入った後の、誰が死ぬかわからない緊張感。緊迫した濃厚な心理描写。何より6/14現在の最新話付近、クライマックスの盛り上がりでひっくり返した。すべてを持っていきやがった!
 
いやあ、アツいね。いいじゃない。やればできるじゃないですか!(何様w)
 
こんな調子で、要所要所で生きるか死ぬかのシリアスを決め、しっかり盛り上がっていくのであれば、今後の展開にも期待できるというものです。
 
後述しますが、この小説、文章こそ普通ですが、書き方や展開で色々とツッコミ所は満載で、内容は粗削りもいいところです。あと上述の用語を見てもわかりますけど、厨二臭さが半端ないです(笑)人によっては絶対に読めないでしょうね。
 
例えば、どう読んでもシーンが飛んでしまっていて、文章からでは推察できない場面があります。視点がころころ変わって、誰が何をやっているかわかりにくいところもあります。ドラマのCM前とCM後のノリなのか知らないですけど、前の話と次の話で文章が重複してしまって、あれ? となるところもあります。誤字もそこそこあります(笑)
 
そして押し寄せる圧倒的臭い台詞と、厨二用語のオンパレード。
 
ちょっと空回りしてるんじゃないかってくらい勢いだけが目立ちますが、小説は心で書くもの! あー好きで書いてるなこれ、ってのが十二分に伝わってきました。
 
ともかく、クールぶっていた主人公千風の、人を死なせたくないという熱い想いと命がけの行動に、心を揺さぶられたことは確かです。
 
何かしら心を揺さぶるものがなければ、いくら文章が見事でも、面白い小説とは言えないでしょう。
 
その意味で、本小説は私にとっては及第点以上、面白いものだった。よって、万人には勧められるクオリティではないと思いつつも、個人的に7点を付けさせて頂きます。
 
言わば原石でしょうか。まだまだ良くできると思いますので、文章の手直しや展開を練り直すなど、さらなる成長を期待したいと思います。これからも頑張って下さい。