感想を書こう

読んだ小説の感想やレビューをどんどん書いていきます

アリスの真意とは?[妄執世界のアリス(作者:千里万里)]

ncode.syosetu.com

評価:7/10点
 
素直に面白かったです。文章のクオリティも高くて、ストーリーもバランスが取れています。正直、もっとポイントが付いていても全然おかしくない作品だと思います。
 
なろうだとわかりやすいチート要素がないと受けにくいので、しょうがないんですかね……。間違いなく読める方なので、自信持って続けて頂きたいと思います。
 
まず設定が面白い作品です。決して捻ったものではないのですが、正統に面白い。終わってしまった世界をやり直して、正しい方向へ導く。こういうの、まあよくあるけど好きなんですよねえ。
 
この物語には主人公が二人いまして、タイトルにもなっているアリスと、もう一人、一般人である少女のナユタです。
 
アリスは、元々の世界が滅びた原因となる人工知能を生み出したキャラです。世界のやり直しさえ可能で、デウス=エクス=マキナ的な、全能に近いキャラとして描かれています。そういうわけで、ちょっと超然的なところがあると言いますか、裏でこそこそやっては物知り顔で何か言ったり考えてたりといったポジですね。しかし一方で、人間らしいところもありまして、胸の大きさを気にしたり、そんなかわいいところもあります。
 
事実上、物語を動かす役回りとしての主人公はナユタでしょうか。彼女が駆けずり回って一生懸命自分の置かれた状況や困難に立ち向かっていきます。
 
プロローグは過不足なく、興味を惹き付けるような内容になっていると思います。最初にちらっと読んで、「お、これは面白そうだな」と思いました。
 
ただ、プロローグの引きは十分なのですが、対して序盤の話の雰囲気が平凡で、のんびりしていますね。やや退屈というか。面白いところまで行き着くまで、間延びした印象を受けました。プロローグの内容から当然期待されるもの(世界を導く要素)が中々出てこないので、危うく肩すかしを食らうかと心配になりました。
 
序盤でいかに読者の興味を持たせ続けられるかが、結構勝負所ではないでしょうか。
 
しかしながら、序盤の話それ自体にも一定の魅力があることは認めます。キャラクター一人一人の人となりをしっかり描けているので、読者はそこに生きた人間の姿を見つけることができるでしょう。
 
とりわけ、ナユタがかわいい。健気でかわいい。これで色々許されていると思います(笑)かわいいは正義なのだ。
 
やがて町同士の戦争というシリアスな展開になるのですが、そこでの心理描写が見事で、没入間を深めてくれます。ここまで読めれば、面白く読めるだろうと思います。
 
ところで、作中でアリスが行っていることなのですが……解釈が難しいですね。世界が平和に、一見良い方向へ移行すると、結果として機械が支配する未来に早く近づき、人間は淘汰されてしまう。だからあえて一見悪い方向へ向かわせて延命する、ということなのでしょうか。逆説的な行動の裏にある真意は……。うーん。
 
あと単純な疑問なんですけど、果たして中世っぽい時代だけで物語は終わるんですかね。元の世界の終着点は相当な未来だと思うんですけど、今のゆっくりした展開からそこへ繋がる姿が、まだまだ見えてきません。あらすじ的には、ナユタの時代で終わりそうなんですけど、どうなんでしょうか。
 
ともかく、期待値は高そうです。ともすれば山場以外が間延びして退屈になりそうな印象なので、上手く期待を持たせたまま読者を引き付け続けられるかが、今後のポイントになりそうですね。

未だ評価に値せず[現代妖草紙 ~血の繋がった妹に血が通ってない件~(作者:綾瀬 紫陽)]

「現代妖草紙 ~血の繋がった妹に血が通ってない件~」/「綾瀬 紫陽」のシリーズ [pixiv]

 

評価:3/10点

 

TwitterでのRT読みに行くシリーズ第3弾です。

 

この作品に関しては、あまり書けることがありませんので、手短にいきます。

 

まだ物語が始まったばかり、プロローグというところですかね。なのでストーリー面については、特に言えることがありません。

 

何より、これって結構致命的だと思うのですが、読んでいて惹かれるところがありませんでした。だらだらと無難にキャラの掛け合いが流れていくだけで、大事な最初なのに、引きが弱い。見所がないんですよね。せっかく妖怪っていう特殊な存在を設定しておきながら、その特別さをあまり活かしておらず、当たり前のように妖怪がいて、ただ話をして、流れていって。おそらく一万字を超えてさえ、未だ見るべきところがない。

 

この時点で、掴みに失敗していると思います。ですので正直に言いますと、面白くはなかった。ちゃんと続きを読む気にはなれませんでした。

 

どのようなスタンスで書いていらっしゃるのかわかりませんが、もし人気を取りたいのなら、たぶん冒頭や組み立て方を相当に工夫する必要があるでしょうね。

 

とまあ、書籍化作品と比較しての読者目線なので、どうしても厳しい評価にはなってしまいましたが、素人作者としての視線から言うと、よく書いてるじゃないかと思います。私、処女作のときこんなに書けなかったですもん(笑)てか、今も相当怪しいw

 

いっぱいいっぱい頑張ってるのかなと思います。なので、あんまり変なことを言う気にはなれませんね(笑)これからの成長に期待しておきます。

小説は自由か[焰夏(エンカ)ノ蝉(作者:日様 )]

ncode.syosetu.com

 

評価:6/10点

 

人類の敵は、蝉。

 

蝉ですよ! 蝉! あのミンミン鳴くやつですよ! そいつが、家みたいにでっかくて、人を食べて感染させていく。

 

この設定見た瞬間、度肝を抜かされました。

 

テラフォーマーズとか、敵がGですけど、あそこから多少なりともインスパイアでもあったんでしょうかね。わからないですが。

 

私の書いているフェバルも、主人公がころころ男になったり女になったりと、まあちょっと変わった発想ではあるんですけど。

 

しかし、蝉か……。

 

斜め上過ぎて、どんな小説かさっぱりわからねえ! と、読む前から興味を惹かれ、ある部分では、「なぜにあえて蝉?」と引いておりまして(笑)怖いもの見たさ半分、楽しさ半分で読み始めました。インパクトという意味では、非常に参考になる作品だと思います。

 

設定のインパクトに違わず、中身もオリジナリティに溢れておりまして。蝉の特徴がしっかり物語にも生かされています。このタイプの作品は中々ないんじゃないでしょうかね。

 

我が道を進んでいる感じがして、私も自分の好きなように書きたくて書いてる人なので、シンパシーを感じました。個人的にとても応援したくなります。少し贔屓目に評価を付けたくなりますね。というわけで、本来は普通の5点にしようかと思っていたんですけど、ちょっと色を付けて6点にします。本来5点にしようと思った理由は後述します。

 

さて、もう少し中身の話に入っていくわけですが……。パニックものの基本はよく押さえていると感じました。何度も襲われ、ピンチに陥るところは緊迫感があります。人が食われていく描写は、エグいのなんの。蝉の動物的なグロテスクさまでしっかりと描いています。苦手な人は要注意です(笑)

 

蝉には謎が多く、また主人公を始めとして、人間側のキャラクターもよく性格付けがされていて、またやっぱり謎が多い。内容に引き込まれる、続きが気になるという点では、よく描かれているのではないでしょうか。

 

最初は図書館で、主人公の葵東夕耶(あとうゆうや)が目覚めて、ヒロインと出会って、襲ってくる蝉の対処をしながら逃げるところから物語は始まるのですが……。この主人公がやたら落ち着いているというか、どこの修羅場をくぐり抜けてきた猛者かってくらいてきぱきと対処していくんです。素人が逃げ惑うパニックを期待したら、ゴルゴみたいなプロが出てきやがったって感じです。いや、あんなに冷静沈着ではないんですけど。

 

一方で、最初の蝉を見ていると、頭も悪いし、あまり圧倒的には強くない。とても人類の脅威になるほどとは思えない。

 

この点については、後で説明があり、主人公は名家の一人でただの一般人ではないこと、序盤に出てきたこの蝉は特別に弱かったということで、納得はいったところでした。ですが、説明に行く前に冷めて力尽きてしまう人もそれなりにいるのではないかと、ここはちょっと心配なところです。

 

とまあ、ここまでなら結構楽しめていたのですが、一つ、とても擁護できない点があります。

 

それは、頻繁に入ってくる謎のコメディ要素です。

 

はっきり言って、要らないと思います。この物語の緊張感、臨場感、それらを打ち消してなおお釣りが来るほどにひどい。勿体ない。

 

シリアスが続く中で、スパイスとして空気を和ませるようなコメディを入れることは効果的です。それが良く働くこともあるのですが……この作品の場合は、入れる頻度とタイミングがまずくて、明確にパニックものとしての作品の良さを損なっています。

 

たくさん人が死んでいっているのに、冒頭のっけから惚れただの何だのやっている。腐女子とか、百合とか、可愛いとか何とか、主人公がやられて目覚めない時期でも平気でやっている。命がけで逃げてるときにもしょっちゅうやっている。興冷めもいいところです。これだけで、読むのやめてしまう人が結構いるんじゃないかと危惧するレベルです。

 

まあ、わかるんです。キャラの掛け合いって結構書いてると楽しいんですよね。でも、特にコメディメインでもないのなら、入れ過ぎには注意しないといけないと思います。ここは反面教師にしたいところでした。

 

とまあ、とても勿体ない点があるのですが、そこを差し引いても、これほど独特な作品を私は滅多に見たことがありません。まだまだ壮大な構想が見え隠れするので、独自性を重視する人にとっては、相当楽しめる作品だと思います。我が道を行くタイプの作品が好きな方には、おすすめできます。

 

……地上に出た蝉の寿命は短いので、逃げ回ってたらタイムアップで解決とかしないのかな?(笑)幼虫いるからダメですかw

こ、これはえぐいぞ……[世界は闇に包まれる(作者:片森 皐月)]

ncode.syosetu.com

 

評価:6/10点

 

TwitterでRTしたやつを読んでいく企画第一弾。てか、ツイートしてから半日で30以上RTされてるんですが……w これ当分終わらないやつじゃ……。

 

ま、まあ気を取り直していきましょう。

 

私は(頭が)ファンタジーの人なので、こういったサスペンスはどちらかというと読むのが苦手なのですが、しかしせっかく機会を作ったのに、避けて読まなければ企画倒れも良いところ。食わず嫌いをせずに飛び込みました。

 

一応一通り読み、まあまあ楽しく読めました。個人的にはいきなり当たりが来たかなというところでした。特に生々しくおどろおどろしい描写を始めとした、文章力が見事で、私にはとても書けないなあと感心するばかりでしたね。最初の数話読んで、うわあこれ……となりましたからね(笑)

 

ネットという媒体だと、文章が固まっていてちょっと読みにくい部分もあったかもしれませんが、この重たさも味だと思えさほどば気にならず。

 

しかし、文章こそ見事で引き込むものはありましたが、キャラとストーリー展開で惜しいところも多々あったように思われます。

 

主人公の狭間 十夜。彼は良いキャラクターですね。最初から飛ばしていきます。成り行きとはいえ、好奇心から両親を手にかけてしまう純粋無垢な残虐性とか、いかれた人物の内面をしっかり描けていたと思います。

 

あれだけ殺しまくってたらすぐに足が付くだろうというツッコミはありますが、そこは小説なので目を瞑ることとして(笑)

 

ただ……途中で登場する直輝というキャラクターが、話の展開役としては動かしやすいキャラクターだと思いますが、いささか主人公の神秘性に水を差してしまったかなと。

 

途中からメインの方向性が、「常人社会に潜む狂気の闇」ではなく、狂った者同士、殺人鬼同士のバトルものの様相を呈してきてしまったことで、主軸がぶれたというか、やや世界観に現実的な説得力が失われてしまったように感じます。

 

なんでお前らで殺し合ってるの? と思ってしまったのです。よく読むと、直輝がターゲットにしたからということでしかなくて、十夜も何だかやけに素直に頷いている。対峙したら、流れで殺し合い。本当に意味もなく一般人を殺しているのと違って、あえて殺人鬼を狙う根本の理由がよくわからないのです。そんなスタンド使いみたいに惹かれ合わないでしょう、と。

 

何だろう。素材は良いのに、とても、勿体ないような……。傍目から何考えているのかわからない、不気味そのもの、死に魅入られた殺人鬼だったはずの主人公が、次第に(良くも悪くも)、「まだ普通の側の人」(みんなだいぶおかしいんですけどね)に感化されて、同情だとか友情だとか覚えていって、人らしくなっていって。また悪く言えば、安っぽいダークヒーローじみたものになってしまったような。悪人が何かと理由付けて悪人を殺したって、あんまり嫌な感じはないですよね。それでも十夜は他人を見殺しにしたりとか、まだまだ不気味な側面もありますけど、そこをもっと尖らせてくれた方が、初期からの筋は通っていたと感じます。中途半端にキャラを良く見せようと、可愛がってしまったのかな、と。

 

浦沢直樹のMonsterのような戦慄ものを期待していたら、ちょっとずれたものが来てしまったかなあと。好みの問題ですけど、そこが惜しかったと感じました。ですが、中々楽しめました。続きも頑張って下さい。応援しております。

感想ブログ始めました

はじめましての方ははじめまして。レストです。小説家になろうハーメルンカクヨムで細々と活動しています。

 

私は普段、フェバルシリーズというちょっと変わったファンタジーシリーズをずっと書き続けています。幸いなことに、それなりに読者も付いて、楽しくやっています。

 

ただちょっと、書くことに忙しいせいで中々読めてないなあ……と。そもそもあまり読まない人なので、ここらで意識的に他人の作品を読んでインプット。ついでに学べるところは学んでいきたいなと思い立った次第です。

 

書いていると普段から感じていることですが、ネット界隈では、作者に比べると「声を上げる読者」の数はかなり少ないように思われます。それこそ、超有名作くらいじゃないとバンバン感想なんて付かないもんなんです。みんな黙ってこっそり楽しんでるわけなんですよね。

 

ただやっぱり書いている身としては、何であれ感想欲しいじゃないか! って思うわけなんです。そりゃもう当然です。でなきゃわざわざ公開なんてしないでチラシの裏にでも書いているでしょう?(笑) でも感想や評価って欲しくても中々付かないもんなんですよね。ああ、悲しいね。

 

というわけで、みんなあまり書かないから、いっそ私が書いてやろうかと。一作者であると同時に、良い読者たらんとも思うわけですよ。とか微妙に高尚なことを考えながら、面倒でやってこなかったわけなんですけどw 一念発起して、いくかと(笑)ちょうど連載もキリが良いところですのでね。

 

なるべく読む。読んだら感想をなるべく書く、多少大変でも意識して書くってことで、レビュアーとしても一歩ずつ成長を目指していこうと思います。

 

さて、感想の付け方ですが……。

 

従来、私が感想を付けるときは、大体面白いところを見つけて褒める方針でやっていました。せっかく書くんだし、良いこと書いた方がみんな喜ぶよねって。

 

ですが、今回はニュートラルでいきます。理由は、私が面白いと思った作品は、しっかり面白かったのだと皆さんにお伝えして、おすすめしたいからです。全部一様に褒めてたら、差別化なんてできませんよね。参考にもなりません。できれば読んだ人にとっても参考になる感想を付けたいと考えています。せっかくブログにするからには、個人的な目標です。

 

ざっくり10点満点の評価くらいで付けようかと思っています。10点を付けることは滅多にないです。私が一番好きなネット小説はリゼロですが、そのくらいでないと付けません。9点は「書籍化したら買うレベル」です。普通に面白かったら7~8点、まああまあ読めるなら5~6点、微妙なやつは3~4点。2点以下はよほどひどい作品だと思って下さい(あくまで個人の感想です)。

 

あまり面白くもないものを無理に褒めたって微妙な感じになるし、続けるのが辛くなるだけなので、その辺は正直にやろうと思っています。面白くなかったら面白くなかった、好きじゃなかったら好きじゃなかった、最後まで読めなかったら読めなかったとバッサリ書いていくつもりです。ただ、言いっ放しではなくて、どこがどう悪かったのか、合わなかったのか、そこはなるべく書いていきたいとは思っています。もちろん完全な主観なので、一般的な好みと合うとは限りません。

 

あと、自分のことは全力で棚に上げます。

 

文章力がーとか語彙力が―とか展開力が―とか、私も偉そうなこと言えるか! って感じですけど、そこ気にしてたら何も始まらないんでね! 恨むなよ!

 

まあ、もしあなたの作品が悪く書かれていることがあっても、あくまで一読者の感想なので、どうかあまり気にしないで下さい。

 

私は作者でもありますので、書き続けることの大変さはよく知っています。好きな作品がいくつも更新停止(エタる)となり、悲しみに暮れておりますorz

 

エタらずに書いているだけで、十分に誇れる素晴らしいことなのですから、胸を張って下さい。私は頑張る作者を応援しますよ。これはマジです。

 

とまあ、こんな感じでやっていきますので、よろしくお願いします。