感想を書こう

読んだ小説の感想やレビューをどんどん書いていきます

くせえ! こいつは厨二ラノベの臭いがぷんぷんするぜ![一騎当千の災害殺し《ミューティレーター》(作者:紅十字)]

ncode.syosetu.com

評価:7/10点
 
率直な感想からいきましょう。
 
最初の数話を読んだとき、正直言うとがっかりしていました。
 
ああ、またいつもの下らないテンプレを掴んでしまったのかと。
 
難癖付けて絡んでくるかませ(面接官の教師)に、無駄に口が悪くてやれやれな主人公(当然のように強い)が、妙にカッコ付けてボコボコにする。
 
この何のオリジナリティもないお約束の流れ、親の顔より見たってほどじゃないですが、食傷気味にもほどがあり。何とも閉口ものでして。
 
なのでこの時点で期待値はほぼ最低、無難に4点か5点でも付けておこうかと思っていたのですが……。
 
実際、この後も強さがバレたらまずいんだという、これまたありきたりな流れで引っ張り、どうしたもんかなって感じだったのですが。
 
読むのすら苦しい最初の数話を超えた辺りから、作者の構想の大きさ、任務のやばさなどの気になる設定がちらほらと出てきました。おや、テンプレじゃないのか? と思ったのは私だけじゃないかもしれませんね。
 
そして、【切り離された残片世界(レムナント)】というダンジョンマップに入った後の、誰が死ぬかわからない緊張感。緊迫した濃厚な心理描写。何より6/14現在の最新話付近、クライマックスの盛り上がりでひっくり返した。すべてを持っていきやがった!
 
いやあ、アツいね。いいじゃない。やればできるじゃないですか!(何様w)
 
こんな調子で、要所要所で生きるか死ぬかのシリアスを決め、しっかり盛り上がっていくのであれば、今後の展開にも期待できるというものです。
 
後述しますが、この小説、文章こそ普通ですが、書き方や展開で色々とツッコミ所は満載で、内容は粗削りもいいところです。あと上述の用語を見てもわかりますけど、厨二臭さが半端ないです(笑)人によっては絶対に読めないでしょうね。
 
例えば、どう読んでもシーンが飛んでしまっていて、文章からでは推察できない場面があります。視点がころころ変わって、誰が何をやっているかわかりにくいところもあります。ドラマのCM前とCM後のノリなのか知らないですけど、前の話と次の話で文章が重複してしまって、あれ? となるところもあります。誤字もそこそこあります(笑)
 
そして押し寄せる圧倒的臭い台詞と、厨二用語のオンパレード。
 
ちょっと空回りしてるんじゃないかってくらい勢いだけが目立ちますが、小説は心で書くもの! あー好きで書いてるなこれ、ってのが十二分に伝わってきました。
 
ともかく、クールぶっていた主人公千風の、人を死なせたくないという熱い想いと命がけの行動に、心を揺さぶられたことは確かです。
 
何かしら心を揺さぶるものがなければ、いくら文章が見事でも、面白い小説とは言えないでしょう。
 
その意味で、本小説は私にとっては及第点以上、面白いものだった。よって、万人には勧められるクオリティではないと思いつつも、個人的に7点を付けさせて頂きます。
 
言わば原石でしょうか。まだまだ良くできると思いますので、文章の手直しや展開を練り直すなど、さらなる成長を期待したいと思います。これからも頑張って下さい。